「塩の大地」ボリビア/ ウユニ塩湖 / 2009年

総面積は約12000平方km、四国の半分ほどの大きさで世界一広い塩湖である。塩湖の高低差はわずか50cm、世界一平らな場所でもある。塩が乾燥してできた六角形の模様が地平線まで続く。

2019年 秋 写真展のご案内 @福岡

太陽光のわずか46万5千分の1…
満月の光で撮り続ける月光写真家・石川賢治
出身地・福岡での写真展

 一年に12回しか訪れない満月の夜。石川賢治は7年間をかけ満月の旅へ世界を巡り、写真集『宙(そら)の月光浴』にまとめました。
 この写真集『宙の月光浴』より、イグアスの滝(ブラジル・アルゼンチン)、モニュメントバレー(アメリカ)、ウユニ塩湖(ボリビア)、バオバブの樹(マダガスカル)等、九州地区初公開の作品に合わせ、代表作「岬と波」(サイパン)や、天空に浮かぶヒマラヤ連山(チベット)、京都の金閣寺、ケニヤのサバンナなど、過去の代表作を含め約70点を展示します。
 中でも樹齢7200年とも言われる巨樹・屋久島の縄文杉は実物大のサイズでご覧頂きます。
 ほの暗く照明を落とした会場では世界中の満月ロケに同行したサウンドクリエーターの中田悟氏によって録音された満月の夜の自然音が流れます。まさに目と共に耳でも「月光浴の旅」を体感して頂ける写真展です。
 ぜひ“月光浴”をしにお出掛け下さい。

画像をクリックするとチラシが拡大されます

■ 会期       2019年9月11日(水)〜9月25日(水) 15日間

■ 開場時間     10:00〜20:00 ※最終日は19時閉場
          (いずれも入場は閉場の30分前まで)

■ 会場       天神イムズ9階 イムズホール
          (https://ims-tenjin.jp
          〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11

■ 主催       イムズ

■ 後援       福岡市、(公益)福岡市文化芸術振興財団、
          九州電力株式会社福岡支社、FM FUKUOKA

■ 協力       富士フイルムイメージングシステムズ(株)

■ 入場料(税込)  一般 800円(600円)/高・大生 600円(500円)
          /中学生以下無料
         ( )内は前売り、10名様以上の団体割引料金
         チケットぴあ Pコード 769-790
         ※前売り券発売期間:6月8日(土)〜9月8日(日)

■ イベント    9/14日(土)・15(日)・21(土)・22(日)  写真展会場内にて
          ○ ギャラリートーク・・・各日15:00〜
          ○ サイン会・・・16:30〜
          ※サイン会は当日イムズホールにて写真集、DVDをご購入頂いたお客様 先着50名様。

■ お問い合わせ先 イムズ:092-733-2001(代表)

写真展『宙の月光浴 space of spirit』によせて…

  満月の夜は地上で宇宙を実感出来る時です。
  原野は明るく足元の花の色や風景が月光に照らされて見え
  地平線より天体、銀河、宇宙が一繋がりになって
  宇宙の中の地球本来のすがたを見せます。

  新たなシリーズとして2005年より地球規模の風景と満天の星がある
  場所へ、地上の宇宙実感を求めて満月の旅をしました。
  原始の姿を残したイグアスの滝、モニュメントバレー、ウユニ塩湖、
  マンゴ湖跡を撮影して青い月光の中で癒される想いでした。
  そして太古の姿を伝えるバオバブの樹、ガラパゴスの化石的動植物を加え
  写真集『宙の月光浴』として発表いたしました。
  写真展では今までの思い出深い代表作も展示します。

  他の惑星と思われるような月光写真で地上の宇宙実感が伝わり
  美しい地球を見つめ直すきっかけになれば幸いです。

石川賢治

   
 

「星とイナズマ」
アメリカ / モニュメントバレー / 2008年

モニュメントバレーは島国日本で考えていたより広大だ。下見をして回るにつれ神々しい想いがましていった。ストームが迫っていたが満月の夜、奇跡的に晴れた。遠くで雷鳴が轟く中、星空の天空と大地の間の稲妻が撮影できた。

 

「悪魔の喉笛」
ブラジル・アルゼンチン / イグアスの滝 / 2007年

ブラジル・アルゼンチンの国境にまたがるイグアスの滝は大小300の滝が連なる。イグアス最大の滝は落差80メートルに及び “悪魔の喉笛” と呼ばれる。この作品はアルゼンチン側から見た悪魔の喉笛。流れ落ちる滝と、月を入れることでスケール感を出したかった。滝の飛沫を浴びながら撮影。

   
 

「湖に映るバオバブ」
マダガスカル / ムルンダバ / 2005年

月の出の静寂の時。風が止むと湖面にバオバブの林が映し出された。

 

「月光のベンケイソウ」
サイパン / 1986年

メキシコ原産のベンケイソウは多肉質の葉や茎に水分を貯蔵して、水分の乏しい乾燥地域に生息している。葉の表面の産毛に夜露が溜まり月光が当たると葉が明るく輝いた。

   
 

「キリン三兄弟」
ケニア / マサイマラ / 1999年

夜12時近く、月光の中キリンの群れを見つけた。少しずつ近づくと母キリンが立ちはだかり、その後ろに三兄弟が同じ姿で立っていた。自然は時々思わぬプレゼントをしてくれる。

 

「岬と波」
サイパン / 1985年

長時間露光で撮影すると波が雲海のように見える。

月光写真展示室もご覧ください。>>